出会い

失恋したら、3日以内に立ち直ると決める

SG012

失恋したのに、別れた彼のことをいつまでも引きずる女性がいます。そういう女性は優しい人なのでしょうか?そんなことありません。
けつこうプライドが強く自己中心的な人なのです。自分のことを第一に考えるから、いつまでも未練がましいのです。悲しい自分がかわいそう。
そんなふうに自分にこだわります。別れた男性のためではなく自分のために悲しむのです。
どうやって思い出を消せばいいのか。過去を忘れるための方法があります。まず、男性に関する記念のもの(写真などの)や贈られたものは、あっさりと処分します。
もちろん、記憶の中にある思い出も。そのためには、ふたりで行った場所には絶対に近づかないことです。そういう所は意識して避けるようにします。
そしてさらに、気持ちを切りかえるようにします。夢中になれるものを探すとか、同性の友だちと旅行に出かけるとか。切りかえの方法はいくらでもあります。
切りかえ下手の人は、あってもそれをやらないだけなのです。そして、3日以内に切りかえるようにします。強引にそうします。
失恋もいい経験のひとつ。そう思えれば、きっと新しい毎日が始まることでしょう。
出会いも見つかります。


男性が結婚していたら、どうする?
既婚の男性との不倫の結末は、9割以上別れという形で終わります。ふたりが結ばれる確率はかなり低いのです。
略奪婚などという言葉もあるけど、それは非常にまれなケースです。男性が「妻と別れるから」と言っても、その言葉を真に受けてはいけません。
本気でそう言ってる男性はごくわずかです。
不倫は楽しむもの。そうわりきって男性とつきあった方がいいと、僕は思います。
不倫相手と結婚しようなどと思うのは、ないものねだりだと言っていいでしょう。
それよりも、不倫の楽しみを思いっきり味わった方が賢い。
人目を気にするスリル。
彼の妻への優越感。
いけないことをしているという興奮。
若い男性にはない、濃厚なセックス。
普段は行けないような店での食事。
彼が教えてくれる人生の知恵。
など、不倫のおいしいところだけを味わうのです。そして、日曜日には会えないというようなハンディは無視します。
相手の男性が結婚しているからこそ、不倫はおいしいのです。彼が妻と別れたらただの中年男です。そこのところがわかる女性は、不倫する資格があります。

出典:安心 出会系

男のグチを聞いてあげる

SG011

どんなにバリパリ仕事をしている男性でも、あるいはいつも明るくふるまっている男性でも、本当は人に聞いてほしいグチがあります。
男性がそうした話を始めたら、優しく聞いてあげましょう。グチを言うなんてだらしないと思う女性は、モテ女にはなれません。
グチが出るのはその男性が仕事に対して真剣な証拠なのです。いいかげんな男性だったらグチなど出ません。
そこのところを女性は理解してあげましょう。
たしかにグチの内容は、ささいなことかもしれません。でも、聞いている最中に、つまらなそうな顔をしてはいけません。
どんなつまらないことでも、聞いてあげること。そうすると、男性のストレスがしだいに小さくなっていきます。
そして、グチに対して結論を出す必要はありません。特別の意見も必要ありません。
とにかくうなずくだけでいいのです。グチを言う人は結論を求めているわけではありません。ただ、そのことを言いたいだけなのです。
そうした気持ちをわかってあげる。それこそ、モテ女の条件なのです。「もう!」とか少し笑いながら、たしなめましょう。
下にまとめた方法を知り合った方に試してみましょう。

●好みを限定してしまうのは、やめましょう。それだけでモテは遠の弘壷、”一
きます。
●モテるには、まずスキンシップから。さりげなく自然に、男性の体
にさわってみましょう。
●挨拶は、自分からすること。男性と知りあうきっかけが、しっかり
増えます。
●父親のいいところを言えますか?それができれば、恋愛対象の男
性のいいところも、きちんと見える証拠です。
●外見でモテるワザ①
チラ見せするのは、胸元と足。この2カ所をおさえておけば、おお
かたの男性はまいってしまいます。
●外見でモテるワザ②
ヘアスタイルは、ショートよりロング。男性憧れの永久定番です。
●外見でモテるワザ③
極端なファッションは、さけましょう。女心をくすぐるものが、男
心もくすぐるとはかぎりません。
●外見でモテるワザ④
2回目に会うときは、前とはちがう服で。「男性によく見られたい」
気持ちを常に持ち、緊張感を保ちましょう。
●デート中にモテるワザ①
怒りは、ギャグに変える。たとえば、相手が遅刻しても、なじって
はいけません。「もう!」とか少し笑いながら、たしなめましょう。
●デート中にモテるワザ②
男性をほめる。話にのってあげる。相手を立てるだけで、立派な聞
き上手になれます。
●デート中にモテるワザ③
男性の不意をついた行動は、効果絶大です。たとえば、クルマに乗っ
ていて、信号待ちのとき、突然頬にキスするとか。相手を「びっくり
させるいたずら」をするのがコツです。
●デート中にモテるワザ④
とどめの台詞が言えるようになりましょう。たとえば別れぎわ、「今
度、いつ会える?」など。

参考:

頭がいいからといって、それをひけらかさないこと

SG010

自分が賢いからと、男性を見下してはいけない。
これは、女性男性のどちらにも言えることで、特に女性だからそうしろと言ってるのではありません。
男同士でも中に頭のよさを自慢するヤツがいると、まわりから嫌われてしまう。
また、本当に頭のいい人は、自分から言わなくても周囲がそう認めるものです。
まわりの人間がみんなバカに見える。もしそういう人がいるとしたら、僕はこう言うでしょう。
「世の中は広いですから、あなたよりも、もっと頭のいい人がいるかもしれませんよ」と。
上には上があるのですから。
モテる人は、けして頭の良さを自慢したりはしません。むしろ、謙虚です。あえて頭のいいことを隠します。その謙虚さが男女関係にも必要なのです。
中途半端に頭のいい人は、とかく批判的になります。人のアラさがしがうまいのです。
でも、それがモテない理由のひとつであるのはまちがいありません。


男を骨ヌキにする究極の殺し文句が使える
モテカのひとつに言葉責めがあります。
モテ女は男性をノックアウトするような台詞を用意しています。
たとえば、「二番目でいいのよ」というのがあります。
こんなふうに言われたら、すでに彼女のいる男性でもこう思います。
「なんて、かわいい女性なんだろう」と。
この場合のかわいいは外見ではなく、彼女の気持ちです。
しかも、最初は2番目だったのに、そのうち1番目になる可能性だってあります。
なぜなら、1番目の彼女は自分が1番だというのに安心しきっているからです。
そうなると、女性は一般的に男性に対しての気づかいがおろそかになります。手ぬきをします。
黙っていても1番なんだからと強気に出ます。ところが、1番がそうすればするほど、2番の良さがきわだってきます。
そして、いつのまにか、1番と2番が入れかわってしまう。僕はこれ以上の殺し文句を知りません。
ここで得た知識を実際に使ってみましょう。

出典: